So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ドミニク・サブロンのサンドウィッチ パドンニのカラフルパスタ ブルーベリーナイツの映画にボルドーワイン [グルメ・クッキング]

 久々に一日フリーでしたので、3月20日OPENしたての赤坂サカスを訪れました。さらりとBIZタワーの周辺を歩いた後、行きたいと思っていたマキシム・ド・パリのカフェ(夜はワインバー)の”コート・ド・ルージュ”へ。「ブーランジェ ドミニク・サブロン」のブレッドを使うというサンドウィッチを頂くことに。パリの雰囲気あふれるお店の中を窓際の席に案内されメニューを渡されるとそこには数種類のスープとサンドウィッチの名前が並んでいました。グリルドチキンサンド、スモークサーモンのサンド、マグロのステーキサンドなど美味しそうなメニューが並び私が選んだのはフォアグラのサンドウィッチ。スープは蕪のクリームスープをお願いしました。蕪のクリームスープは残念なことに蕪の香りが弱かったのですが、旬は過ぎてますのでしょうがないかと。でもお味は良かったです。フォアグラはクリームとあわせて、サラダ菜ののったブレッドの上にラグビーボール状に可愛くのせられておりました。べ・ローズ (日本ではポワブルローゼなどと呼ばれている赤い胡椒のような可愛いスパイスです。西洋ナナカマドの実ですので正確には胡椒ではありません)  ドライイチジク・ドライレーズンがトッピングされた素敵なオープンサンドウィッチです。口に入れるとパンの香ばしさと共にベ・ローズの甘みと、イチジクとレーズンの香りが広がり、口解けの良いフォアグラクリームが、押し寄せる波の如く、口いっぱいに広がります。まさに幸せ気分。言うまでも無くパンの美味しさが格別。カフェのお隣がドミニク・サブロンのお店ですので帰りに買ってかえろうと思いましたが、すごい行列であきらめました。次回は、2階にあるマキシムのビストロ、「ヴィエイユ・ヴィーニュ」に行きたいと思いながらお店をあとに、さっき歩いた時、目をつけておいたF.O.B COOPに直行。そこにPADONNIのカラフルパスタがあったのです。

 今まで、私の知っている限りではJALの通信販売でしか買えなかったパドンニの帽子型をしたパスタやカラフルなファルファッレ(蝶々型)がそこに売られていました。オレンジ色はパプリカ粉、黄色はウコン、グリーンはほうれん草、ピンクは赤ビート、黒はイカ墨といった具合にカラフルとはいえ全て天然の色素で色を付けています。嬉しくなって帽子の形をしたパスタと、Farfalline Fantasiaとかかれた蝶々のショートパスタの2袋を買い求めました。今日のお夕食は帽子型のショートパスタ、グリーンピースとコンテのクリームソース仕立てにしようと心に決め 次なる目的場所の六本木ヒルズへ。

 六本木では頂いたチケットがあったので「マイ・ブルーベリーナイツ」を見ました。ラブストーリーと聞いていましたが、フレンチ映画のようなさらりとしたそれでいてちょっと哲学的な良い映画でした。ブルベリーパイを焼くたびに、奥ゆかしい男性の包み込むような優しい愛情を思い出しそうです。

 そして、最後にMouton-Rothschild のワインのエチケットの原画展が森ビルの52Fで開催されていたので足を運ぶことに。ピカソやアンディウオーホール、シャガール、イギリスのチャールズ皇太子の水彩画など興味深く拝見。なかなか見ごたえのある展示でした。3月30日までです。

 充実した一日のお夕食にふさわしく、美味しいパスタが出来ました。帽子型のカラフルパスタです
PADONni.jpg
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。