So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

sakura  さくら 桜 [フード]

暖かな陽気に誘われて桜が一気に満開になりました。
わが町、桜新町もソメイヨシノの並木道は満開であちこちで綺麗な桜のトンネルを楽しめます。
自慢は、ソメイヨシノが終わっても、ひきつづき駅前の八重桜の並木道が楽しめること。
ソメイヨシノの可憐な花と異なり、八重桜は色も濃い目でいろいろですし、八重なので花つきが豊かで数キロにわたっての桜並木は、その空気さえもピンク色に染まっているような感じを受けます。
機会がありましたら、是非桜新町にお越し下さい。

さて、先日、2月にフランスにチーズ研修に行った折、お世話になった通訳の方が来日されました。
感謝の意味をこめて、我が家で小さなディナーパーティーをしました。時期が時期ですので日本が誇るチーズ「さくら」をアペタイザーに使いました。「さくら」は北海道・十勝の共働学舎の製品で本場ヨーロッパの山のチーズコンクールで見事金賞を受賞したチーズです。 カマンベールのように白い綺麗なチーズで、さくらの花が飾られ、ほのかに桜の香りがただよいます。
   

さくら.jpg



 ブラックテェリーのワイン煮と合わせたのですが 幸運なことに一緒にお招きしていたソムリエの方が偶然、「SAKURA」というワインをお持ちくださったのです。受け売りで紹介させていただくと、フランスの若き造り手ドメーヌ・シュヴロのパブロさんという方の奥様が日本人で、奥様の為に「SAKURA]という名前でワインをつくるのですが、その{SAKURA」のためだけのピノノワールの葡萄畑があって、丹精こめて作られたその葡萄からこの時期だけの美味しいワインが作られるのだそうです。クリアなテェリー色の軽めのワインで本当にチーズ「さくら」ととてもよく合いました。エチケットをご紹介しておきます。


わいんさくら.JPG


そして、嬉しかったのがその奥様のお名前がなんとKAORIさん。エチケットにピンクの文字でPablo et Kaori Chevrot とありました。
幸せを少し頂いた気分になりました

この時期、桜の葉を使ったLA ROSSA というチーズもあります。桜の葉を日本から輸入して作っているのです。山羊のフレッシュチーズを桜の葉で包んだチーズで、桜餅のように優しいチーズです。

        6897_1.jpg

 この時期しか味わえないお味を是非お試し下さい。
ラ・ロッサはその桜の葉の使用をイタリアの作り手さんに提案したフェルミエ(本店愛宕山 渋谷のフードショーに渋谷店があります)で買えます、
 
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。